脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)についての基礎知識

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)とは一体どんな病気なのか?
病気を知っていただくための基礎知識です。



Q.脳脊髄液ってなんですか?

脳脊髄液減少症 正常
脳脊髄液が正常で脳の位置が正常な状態

 

A.脳脊髄液は外部の衝撃から脳や脊髄を守るクッションのような役目と脳と脊髄の機能を正常に保つ働きをしています。

 

髄液は、脳室内の脈絡叢で一日に約500ml産生され、脳脊髄の表面を還流後、頭蓋円蓋部のくも膜顆粒より吸収され、バランスを保っています。
頭蓋内腔の構成要素は、80%が脳実質、10%が血管、10%が髄液腔で これらは硬膜、くも膜という膜につつまれ存在しています。
髄液の循環量は成人で約150mlで1日3~4回入れ替わります。

 

Q.どんな病気ですか?

メカニズム
脳脊髄液が漏れ脳が下がり神経を圧迫した状態

 

A.交通事故(特に難治性の鞭打ち)、スポーツ外傷、転倒、出産、原因不明な軽微な外傷等・・・

 

身体に何らかの衝撃を受けることが原因で、髄液腔を包む硬膜、くも膜に穴があき、脳脊髄液が減少することにより、脳が浮かんでいる状態を保てなくなります。

すると、脳は浮力を失い下方へと沈み、脳と頭蓋骨をつないでいる神経や静脈へ引っ掛かるため毛細血管の拡張や硬膜の肥厚に繋がり、これにより激しい痛みや不定愁訴を引き起こす病気です。


※脳脊髄液減少症は、大変身近におこりうる病気です。



Q.どんな症状があるんですか?

 

A.頭痛・頸部痛・めまい・耳鳴り・視機能障害・倦怠・易疲労感 が主要な症状です。

 

これらの症状は『座位,起立位により3時間以内に悪化することが多い』とされていますが、慢性期はこれに限りません。

 

他の症状としては以下のものがあります。

 

  • 背部痛,集中力低下,視力障害,嘔気嘔吐,聴力障害,顎関節症,頭重感,坐骨神経痛,上肢痛,顔面痛,筋肉痛,腰痛,肩甲骨間痛

  • 脳神経症状, 聴力低下,聴力過敏,耳閉感,視神経,視力低下,視野異常,羞明,視覚異常,三叉神経痛

  • 顔面違和感 (顔面しびれ・顔面神経麻痺)

  • 開口障害 (顎関節症)

  • 迷走神経,自律神経障害 (動悸・発汗異常・体温調節障害・腸管運動障害等)

  • 目のぼやけ,眼振,動眼神経麻痺(瞳孔散大),眼瞼下垂,複視,光過敏

  • 外転神経麻痺,味覚障害,嗅覚障害,咽喉違和感,発声障害,嚥下障害

  • 意識障害,高次脳機能障害,認知症,思考力低下,記憶力低下,鬱,睡眠障害内分泌障害,免疫異常,易感染症,アレルギー ,月経異常,インポテンツ,乳汁分泌等

  • 食欲低下,電磁波過敏症,無欲,小脳失調,歩行障害,パーキンソン症候群,上肢のしびれ,神経根症,直腸膀胱障害,頚部硬直,慢性脱水症状,痩せ等

 

※これら全ての症状が出るとは限りませんし、これ以外の症状が出る場合もあります。





無料 無料 無料